ウィッグのトレンドや扱い方などについて

着ていくシーンによって違うドレス選び

女性のドレスは着ていく時間帯によって変わってきます。夜のパーティならイブニングドレスですし、昼のパーティならアフタヌーンドレスです。どんな違いがあるのでしょうか。まず、アフタヌーンドレスは昼間に着るので、露出が少なく慎み深いデザインのものである必要があります。基本的にワンピースで、胸が開いていてはいけません。ドレスの長さも膝上はNG、膝丈か、それよりも下でなくてはなりません。たまに普通の服を扱っているブランドで膝上のドレスが売っていますが、ちゃんとしたパーティであれば膝以下の長さのドレスを選びましょう。アクセサリもスパンコールやスワロフスキーのような、きらきらしたものは避けましょう。バッグや靴も同様です。真珠はOKですが、ダイヤモンドのような輝石はいけません。髪飾りも同様ですから、手持ちの髪飾りの中で光沢のないものを選んでください。靴は着脱可能な飾り(ピンで挟むタイプのもの)がありますから、いくつか用意しておくとどんなパーティにも対応できて便利ですよ。夜のパーティはイブニングドレスになりますから、アフタヌーンドレスとは逆にきらびやかであったほうがよいとされています。イブニングドレスに限っては、肌は露出していなければなりません。背中が開いていたり、胸元が開いていたり。袖はないのが普通です。

袖がないぶん、レースのストールやボレロを身につけるのも良いでしょう。晩餐会のような場所では手袋ですが、結婚式等ではストール・ボレロでOKです。ストールはラメが入っていたり、ビーズが刺繍されていたりして、これ一枚で雰囲気をがらっと変えることのできる便利なアイテムですよ。アクセサリや髪型も華やかなものがよしとされています。昼間は敬遠される輝石が、夜ではむしろ喜ばれます。胸が開いているドレスなので、ネックレスも華やかに見えるものが良いでしょう。靴やバッグも同様です。昼でも夜でも同様に気をつけるのは、メインはドレスであることです。アクセサリはドレスに合うものを身につけましょう。香水は、つけるのが上手くないかたはつけずにいったほうがいいでしょう。下手をすると食事の場で邪魔になりますし、ドレスに香水がつくと生地をいためてしまうことがあります。香水による染みや変色は抜けないことが多いので、十分に気をつけてください。このように、アフタヌーンドレス、イブニングドレスを着て参加するパーティは気を使うものです。

でも、マナーに則って装えば、パーティを思う存分楽しむことができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*